TOP>コラム>快走中のドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」。男女入れ替わりの謎は、戸越銀座の温泉にあり!?
2021:03:05:15:59:28

快走中のドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」。男女入れ替わりの謎は、戸越銀座の温泉にあり!?

2021.03.05

COLUMN

share LINE

2021年第1クールで、民放連ドラ・ナンバー1を快走中の「天国と地獄~サイコな2人~」(TBS.系列)。第1話も終盤になり、「入れ替わり」したことでタイトルの意味が分かってきたこのドラマ。いったんは「地獄」に落ちるも、日高はそんなにワルじゃないように思え、高橋一生さん演じる日高の体に魂が入った彩子と、綾瀬はるかさん演じる彩子の体に魂が入った日高とが、少し通じ合える余地が出てきて、最後は「サイコーな2人」になるかもなどと深読みしつつ、でも彩子の体に魂の入った日高の本当のところは、日高の体に魂が入った彩子にはよく分からなくて・・・ああ、もう、ややこしい。それにつけても、高橋一生さんの演技力が素晴らしすぎる!

ということで、以下、外日高(内彩子)と外彩子(内日高)と表現いたします。3月だというのに、外だの内だの節分みたいですみません。言いたいことは、このドラマに品川区でのロケシーンが出てきたということです。第5話の冒頭、彩子と同棲している渡辺陸(柄本佑さん演)が夜に4匹の犬を連れて散歩していた道、あれは「戸越銀座商店街」だったのです。

210304_05.jpg

最近の彩子がちょっと変だと感じていた陸は、以前、彼女がコインロッカーに何かを隠していたことを思い出し、鍵を複製しようと、目の前にある100円ショップ「meets.(マップ①)で紙粘土を購入します。ただ、マンションに帰った時に陸が提げていたのは、同じ100円ショップでも「Watts」のレジ袋。それ違うだろ、でも、同系列のお店だからいいけど、などとオタクsearchしつつ見ていると、陸は鍵の型を取ることに成功。ロッカーの中身を調べることにより、彩子と日高の入れ替わりを知ることにつなげたのでした。なお、しなロケ調査班の報告によると、紙粘土は売っているものの画面に出てきた「楽しい粘土 スグ固まるくん」という商品はなく、小道具のよう。そして、この店ではテレビと同じでWattsの袋を使っていることが確認されています。

今回は品川区ロケが続きます。警視庁のロビーという想定で、おなじみの「大森ベルポート」のロビーが。そこから玄関を出た外彩子(内日高)が、外日高(内彩子)と電話しながら歩いていたのは、「桜新道」という春の八重桜が美しい約1.3㎞の道。秋に撮影されたのか、画面では大森ベルポートの生け垣がオレンジに美しく色づいていました。歩きながら電話する綾瀬はるかさんも、かっこいい!

戸越銀座といえばコロッケ

それにしても戸越銀座商店街って、テレビの街頭インタビューで頻繁に出てきますよね。ニュースにも、情報バラエティにも。それもそのはず、この商店街は楽しい。グルメ、ファッション、バラエティ、ちょいレトロ店、さらにはレジャースポットまで、東急線戸越銀座駅(マップ②)をはさんで東西こちらも1.3㎞に400ほどのお店が軒を連ねる、東京で最も長い商店街なのであります。とくにグルメは大人気で、まちおこしとして名物「戸越銀座コロッケ」を開発。約20店がそれぞれ個性的かつ美味なるコロッケを絶賛販売中なのです。

例えば、有名な「後藤蒲鉾店(マップ③)のおでんコロッケは、細かく刻んだおでんの具材とジャガイモ、おでん出汁がしみこんだ大根を包み込んで揚げたもの。コロッケ食べただけでおでんも食べた気になる逸品で、こうなると、これをおでんに入れて食べてみたい、という誘惑にも駆られてしまうほどです。
昔ながらの肉屋さんのコロッケやメンチカツを食したいという向きにも、多くのお店が待ち構えています。1957年創業の人気店「かたばみ精肉店(マップ④)や、とろりとマイルドな、かにクリームコロッケも人気の「肉の雲野商店(マップ⑤)ほか、各店には、目移りしてしまうようなコロッケが並んでいます。

ドラマの秘密が戸越の銭湯にあり?

グルメは紹介しきれないので、最後にレジャースポットを。最初に紹介した100円ショップの近くにある「戸越銀座温泉(マップ⑥)です。

ここは2007年にリニューアルした銭湯ですが、美人の湯として知られる天然黒湯温泉で、露天風呂などもある人気スポット。設備が少し違う「月の湯」と「陽の湯」が、毎日、男湯女湯で入れ替わります。

あれ?月と太陽が入れ替わる??

そういえば、「天国と地獄~サイコな2人~」の第3話で、男女入れ替わりの謎解きとして奄美伝説が紹介されていました。本来は月が太陽に、太陽が月になるはずだったのに、太陽は太陽になりたくてシヤカナローの花を盗んだため、入れ替わってしまった、そんな伝説でした。
これって、戸越銀座温泉そのまま?もしかして、脚本家の森下佳子さんは、戸越銀座温泉につかりながら男女入れ替わりのトリックを考えた?
真相やいかに。

みなさんも、日替わりで戸越銀座温泉を楽しんだら、グッドアイデアが浮かぶかもしれませんよ。

大森ベルポートを紹介している2020.12.23のコラム

品川ウォーキングライター・キタロー
台本業 (テレビ・ラジオ、映像、ショーなど台本ならなんでも)
ギャグ系を中心に雑誌ライター歴もそれなりに長い
得意技は「オタク search」

イラスト:T_T

こんなコラムも読まれています